もうすぐ三菱エンジニアの日記

もうすぐで大学生活を終えようとする理系慶應大学院生の備忘録です。プログラム、金融、データ分析、就活に関して書こうと思います。ちなみに来年度からは三菱系サラリーマンですね。

選考・ニッセイアセットマネジメント

一言

 高給ホワイトと言われる資産運用業界。 30チョイで800万弱程度の給料体系らしく、資産運用業界らしく残業時間平均はとても短いです。*1

親会社からの出向者が何かと優遇されていそうな雰囲気。資産運用会社のプロパー比較だと待遇はそんなに良くない気がする。

とはいえ、近年、運用資産残高急激に増えています。

 

企業URL

www.nam.co.jp


職種

  • 総合職

選考・総合職

  • 説明会参加+ES記入

説明会に参加が必須です。説明会の最後にES記入の時間があります。内容は頑張ったことや就職活動の軸などだったと思います。

  • 1次面接

現場社員との1対1、40分程度の面接です。ESをもとに学生時代頑張ったことに加えて、志望業界とその理由等、志望理由を簡単に聞かれます。逆質問もあります。基本的には和やかな雰囲気です。

結果は、2~3日後にリクナビで来ます。その日に来る人もいるらしい。

  • 2次面接

二次面接は、人事部室長みたいな人と1対1の面接40分です。なんのプロフェッショナルになりたいか?、志望動機、学生時代頑張ったことなどを聞かれます。逆質問の時間も設けられます。雰囲気はすべて穏やかです。楽しく面接で来ました。

翌営業日にリクナビでのWebテスト案内と電話で最終面接及び社員訪問が案内されました。

  • 最終面接

最終面接は役員との1対1の面談、30分ほどであったと思います。基本的なことを聞かれます。

結果は面接直後に人事の担当者から合格が言い渡されます。その時に内々定を受諾して他社の選考を辞退するか、選考を続けるかを選択する必要があります。後者の場合、この会社への入社意思が決まった時に連絡して、その時に枠が余ってれば内々定獲得ということになります。

加えて、内々定を受諾すると6月1日に1dayインターンのようなもので拘束されます。

というわけで、全体的に拘束は厳しめです。

 

 

 

 

keio-ob-k.hatenablog.jp

keio-ob-k.hatenablog.jp

 

 

 

*1:あくまで転職サイトなどの書き込みによるとです。