クオンツの配当投資の日記

どっかの会社員がお金について書く日記。金融、データ分析、就活に関して書こうと思います。

MENU

一般口座、アドセンス、配当、いろいろ確定申告&控除をフル活用

確定申告の時期がやってまいりました。

いつもは税務署に直接書類を出しに行くんですけど、今年はe-taxでチャレンジ。

申告内容は、株(特定口座、一般口座の譲渡所得&配当所得)、証拠金取引系、ソーシャルレンディング系(クラウドバンク)、googleアドセンス、LINEスタンプ。もちろん給与所得もいくつか。

 

申告手順

  1. 関連書類をかき集めます。年間取引報告書(特定口座)、取引報告書(一般口座)、証拠金取引系の損益計算書、期間損益計算書(クラウドバンク)、アドセンスの支払い詳細、LINEスタンプの売り上げと源泉徴収額、源泉徴収票(アルバイトや本業)、控除証明書類(地震保険、年金保険料、火災保険、傷害保険、ふるさと納税)。前年度の申告書類(あると便利かも)。
  2. 国税庁の税金申告用サイト【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)にアクセス。
  3. 作成開始をクリック!所得税の申告書作成(個人事業主ではないので白色申告)。下のような画面で、該当所得をクリックして入力していきます。

f:id:keio_ob:20190223183239p:plain

所得税の申告

給与所得

まずは給与所得。源泉徴収票をお手元にご準備ください。上記画面の(カ)の給与をクリック!源泉徴収票の数だけ追加します。指示通りに簡単にできます。

f:id:keio_ob:20190223191033p:plain

給与所得

配当所得&譲渡所得

(オ)の配当をクリックして入力します。年間取引報告書と一般口座の

場合、取引報告書を用意(売買日時と値段が分かればなくてもオッケー)。

こっからちょっとわかりにくい。配当所得の申告分離課税もしくは総合課税を選びます。

申告分離か、総合課税かどっちが良いかは人に依りますが、個人的な目安は以下の通りです。

譲渡所得+配当所得がマイナス→申告分離

過去3年の株式売買による損失がある場合(損益合算したいとき)→申告分離

課税所得900万以上(配当+本業)→申告分離

配当めっちゃある時→申告分離

譲渡所得がプラスで課税所得900万以下(配当+本業)→総合課税

って感じです。あくまで目安です。

まあ、譲渡所得がマイナスなら申告分離でよいでしょうという感じです。私は申告分離します。

これも指示通りやれば簡単。

f:id:keio_ob:20190223195456p:plain

株系の申告

雑所得(クラウドバンク、アドセンス、LINEスタンプ)

(ク)の雑ーその他で申告します。どうまとめるか難しいのですが、私は支払先で分けています。

 

あとは手順に従って送るだけ!

あとは右下のボタンクリックから、住所とか還付金がある場合は振込口座を指定するだけでございます。

来年の申告のために、申告書のpdfと申告データを持っておくと便利です。

 

ちなみに私の場合、還付金83000円くらいでした。