もうすぐ三菱エンジニアの投資日記

もうすぐで大学生活を終えようとする理系慶應大学院生の備忘録です。プログラム、金融、データ分析、就活に関して書こうと思います。ちなみに来年度からは三菱系サラリーマンですね。

配当型仮想通貨REGAINで年間利回り70%越え??【ちゃんと配当はもらえるのか】

昨年なにかと話題になったビットコインをはじめとする仮想通貨。ビットコイン長者なる人も出てきたのは記憶に新しいはず。かくゆう、私もビットコインの恩恵を少々享受しました。

ですが、実はもうビットコインはほとんど持っていません。というのも、そのビットコインでビットコインの配当がもらえる仮想通貨を買ったからです。その仮想通貨の名前がREGAINです。

以前記事にも書いたように不労所得として記載しています。

keio-ob-k.hatenablog.jp

仮想通貨REGAINの内容

ホワイトペーパーなど公式のものはこちらを参考にしてください。

簡単に言うと、お金を集めてビットコインをマイニングして、その利益を毎月分けるよ!っていうものです。

ビットコインのマイニングには尋常じゃない計算を解く必要があります。この計算難易度が高いほど効率的に利益を上げられるのですが、難易度が高い計算をするにはまとまったコンピュータの計算処理能力が必要なわけです。

今のビットコイン価格で月利回りが6.5%、年換算で70%程度となります。1REGコインあたり、5200ドル分のBTCで購入することができます。もちろん、少額から取引可能です。この1REGを持っていると、毎月0.034BTC(現在の価格でおおよそ2万8千円)の配当を得ることができます。

実は私もこの仮想通貨を0.031REGほど持っています。

 

仮想通貨REGAINの配当実績

私もこの仮想通貨REGAINは持っています。一番最初に買ったので、もうすでに配当をもらい始めています。

これが実際の配当実績です。最初の月は半月分なので少なくなっていますが、基本的に毎月15日に0.00125BTCが得られているのが分かると思います。だいたい8000円ほどの不労所得なわけです。これは非常に大きな不労所得です。この配当をもとにまたREGAINを購入すれば、雪だるま式に増えていくはずです。

いまのところ配当もきちんともらえているのでとりあえずはお勧めできる仮想通貨だと思っています。このREGAINは上場を目指しているようなので、仮想通貨取引所に上場すれば高騰するかもしれませんし、そのような楽しみもあります。

 

f:id:keio_ob:20180711042152p:plain

仮想通貨REGAINのリスク

もちろんREGAINにもリスクはあります。

一つがICOならではの信用リスクです。この通貨発行者が本当に今後も配当を順守する気があるのか否かという問題です。

これについては今のところ問題はないです。画像のように実際にBTC配当も得られています。

2つ目は、BTCの下落リスクです。BTCの価格が下がればそれだけ毎月の配当金も円建てで見れば減ってしまいますので、リスクと言えます。もちろん価格が上がればそれだけ配当は大きくなるわけですが、、、

しかしながら、昨今BTCの下落は続いて、下げ止まった感があるのと同時に何かとビットコインに関する良い情報を聞くようになり、風向きは良いと思います。すこしであればリスクを取ってこの仮想通貨を買うのも悪くはないでしょう。

 

まとめ

いまのところ、REGAINは問題ないと思っています。そんなに投資していないということもありますが、毎月の配当が非常に楽しみにしています。

リスクを承知の上、ぜひご購入してみてはいかがでしょうか??