もうすぐクオンツの投資日記

もうすぐで大学生活を終えようとする理系慶應大学院生の備忘録です。プログラム、金融、データ分析、就活に関して書こうと思います。ちなみに来年度からは三菱系サラリーマンですね。

第0章一人輪講を始めようと思う。まずは統計の基礎から。

いま、統計検定2級を目指して勉強中である。とは言っても専門分野であるので余裕で受かるのだが、もう一度基礎から体系立てて復習したい。ちなみに2級なら専門でなくとも1週間も勉強すれば受かるレベル。

 

統計は2つに大別される。

  • 記述統計学

平均、中央値とか最頻値とか分散とか標準化とか、相関など、手元のデータをどう見るか、整理するかですね。

  • 推測統計学

母集団とか標本とか回帰とか、どうやって全体を推し量るか、もしくは因果関係を見極めるかみたいなやつです。

 

統計学は、記述統計と推測統計に分かれます。

記述統計学とは「手持ちのデータを集計する方法を学ぶ学問」です。
推測統計学とは「手持ちのデータを分析して、まだ手に入れていないデータについて議論する方法を学ぶ学問」です。

推測統計学こそが、統計学において最も重要な部分です。
記述統計学は、推測統計学の前処理に当たるものだと考えてもらって構いません。
記述統計を学ぶ必要はありますが、記述統計だけでは、データを社会の役に立たせることはできないということです。

logics-of-blue.com

とりあえず、記述統計学から適当にやっていく。随時、書いていく。

【第1章】記述統計学基礎【データの種類と代表値】 - もうすぐ三菱エンジニアの日記

【第2章】記述統計学基礎【データの散らばり】 - もうすぐ三菱エンジニアの日記