もうすぐ三菱エンジニアの日記

もうすぐで大学生活を終えようとする理系慶應大学院生の備忘録です。プログラム、金融、データ分析、就活に関して書こうと思います。ちなみに来年度からは三菱系サラリーマンですね。

就職活動で鬱状態になりそうな大学院生です。最終面接で落ちる要因を考える。

どうも。

 

就活の面接でこれまでに28連勝くらいしてましたが、本命に近いところの最終面接が異常に弱いです。

 

というわけで、最終面接で落とされる要因を考えてみます。

 

。。。。。

 

志望理由が弱い

 

 

これに尽きますね。

 

これまでの面接では志望理由って意外と聞かれないところが多かったです。なぜこの業界とかはありましたけどね。そうなんで、いつもの話を適当に話していれば通ってました。落ちると思ったこともほとんどありません。

 

つまり、これまでの面接は能力、スペックを見定められていたわけですが、これに対して最終面接では志望度を強く見ているんだと思います。

 

 

自慢ですが、就活スペックは結構強いです。

 

 

が、それに甘えて志望理由を完全なものにしていなかったのが敗因でしょう。内定取った企業でも志望理由をほぼ考えていかなかったりしましたしね。

良くないな。

 

 

資産運用会社も連絡来ないし、IT会社も来ないし。

 

まあ、まだ祈られてはいないですが、俗に言う、サイレントお祈りでしょうね。

 

 

これから続々とお祈りメールが来ると思うとつらいです。

 

 

落ちているならサクッと通知してくれ。補欠も通知してくれればいいのに。

 

 

さて今残っている企業は、内定持ってるところは、アセマネ1社、銀行1社(その他は切りました)。選考中が銀行1社、アセマネ1社、IT1社です。

 

私はどこにいきたいんだろうか。全部受かったらIT社かな?、うーん。。。

選考中のアセマネは謎部分が多いので選考を進める中で志望度がどの程度か明らかにしたい。